テレフォンセックスにおいて低音ボイスが出せる人が意外と人気が高いのは何故でしょうか?

テレフォンセックスにおいて声がいいというのは異性にとって響く要素になってきます。やはり声だけしかわからないわけですので、声が悪い人に比べると声がいいというのは魅力的に映るものです。自分の声が悪いなあと感じているのであれば、少しは腹から出すトレーニングなどをしてみるといいのではないでしょうか。

■腹から声を出すことを意識する
元々声が低い人はもっとダンディに声が出るように意識をするといいでしょう。それに対して、声が高い人に関して言えば発声法を変えてみるのがいいでしょう。声が低い人というのは女性を引き付ける声であることが分かり、重低音ボイスを子宮レベルで感じることができるために、こういう男性を好きになる可能性が高くなります。

子宮に響くような重低音ボイスをとどろかせるためには、腹式呼吸を意識してみて腹から声を出すようにするといいでしょう。腹から出せるようになればもともと高い人であっても少しは低い声を出すことができるようになります。低い声を出すことによって、声だけでいきなりエロティックになっていきます。

■声の強弱や間に気をつける
声だけで感情を伝えることは難しいですので、言葉の間や声の強弱を意識したりすることで、自分が伝えたいことを適切に伝えることにつながってきます。間を空けることにより、その言葉を想像する時間を与えます。これはしっかりと意識することによって上手になってきますので、練習してみてください。

■低音の魅力に魅了される女性が多い
テレフォンセックスにおいて声がいいのはかなり有利で、その中でも低音ボイスを響かせることができる男性はモテるでしょう。低音ボイスだけでなく、声の強弱や言葉の間に気を付けたらさらに良さが出ます。