テレフォンセックスの雰囲気づくりに気を遣うことが出来れば良いプレイが可能です

テレフォンセックスにおいてどういう雰囲気でやるのかということが重要です。いきなり電話口でセックスをやるというのは難しいです。相手にしても電話口でセックスがしたいのには変わりがありませんので、エッチに持ち込むまでのきっかけづくりというのはどうしてもやらないといけません。

それは多くの場合男性がやることになりますので、どうやって雰囲気を作っていけばいいのかについて考えた方がいいでしょう。

■自分の気持ちを正直に伝えればいい
そういうサイトに電話をしているわけですので、テレフォンセックスがしたいというのは言うまでもありません。しかし、シャイな女性が多いですので、そういうところに誘導するのは男性がやることになります。その時に、恥ずかしがったり悩んだりするというのではいけません。

積極的に女性をエスコートするようにしましょう。簡単に挨拶や自己紹介をした後で、興奮しちゃったよというように正直な気持ちを伝えると、相手も同じように乗ってきますので、そこからエロティックな話をスタートさせればいいわけです。

■声や音で相手を刺激していく
雰囲気づくりで重要なのは相手とリアルにセックスしているように感じさせることです。その時に重要なのが声や音です。雑な声では想像力が生まれてきませんし、声が小さいと聞き取ることができません。大きすぎずにエッチな雰囲気を出しながらしゃべることによって、だんだんエッチな雰囲気が作られていくものです。

■下心は隠して雰囲気づくりに集中しよう
テレフォンセックスは声だけでやり取りをしますので、そのための雰囲気づくりやリアルなセックス以上に重要になってきます。そこに持ち込む前に時間を掛けてもいいですから、雰囲気を徐々に盛り上げていきましょう。