未経験者の方でもスムーズにテレフォンセックスが楽しめるように一般的なテレフォンセックスの流れを纏めていきたいと思います。

テレフォンセックスを利用する流れを把握しよう

今までテレフォンセックスをやったことが無いというのであれば、基本的な手順を把握していれば、いざやろうとした時でもアタフタせずに済むでしょう。やることを焦ってしまっては女性もびっくりしてしまいます。テレフォンセックスを楽しむためには準備から始まって、前戯、挿入、フィニッシュそして後戯という順番で進むことが大切です。この順番通りやっていけばいいだけですので、あとは実践を重ねていってください。

■準備をしっかりとしておこう

テレフォンセックスをやる時には、何かあっても困らないようにある程度必要なものを用意しておきましょう。写真があるだけでも相手のことが想像できますので、相手の写真などが欲しいのであれば、お互い写メを交換するというのでもいいでしょう。テレフォンセックスをやるための環境を整備するということです。

■前戯から雰囲気を作るようにしよう

実際に電話をかけて繋がったらいきなり挿入するというわけにもいかないでしょうから、まずはあいさつをしたりするなど前戯にしっかりと時間を掛けて雰囲気づくりをしていきます。前戯に時間を掛けるのはお互いの気持ちを合わせていく必要があるからです。前戯でしっかりとセックスの準備をすることによって、挿入やフィニッシュを迎えた時に気持ちよくなってきます。

普通のセックスにおいても前戯にしっかりと時間を取って雰囲気づくりをやることが大切です。それはテレフォンセックスの世界でも同様というより、むしろ雰囲気づくりが想像力をかきたてる役割を果たします。前戯がうまい人というのはモテる男性ではないでしょうか。

■挿入時は恥ずかしがらないことが大切

前戯が終わったらいよいよテレフォンセックスの本題へと行くわけです。男性はなるべくいやらしい言葉を女性にかけてあげて、女性はできるだけ興奮状態を説明してあげましょう。普通のセックス以上にに興奮状態を伝え合うことがポイントです。恥ずかしがっていては徐々にセックスから現実に引き戻されそうで醒めてしまいますので、本題に入っていくときに恥ずかしがっていてはいけません。

■フィニッシュ時は同時に絶頂に行くのが一番望ましい

両方とも興奮して行って、フィニッシュを迎えそうだなと言う時には、自分だけがイクというのではなく、言葉で伝えながら興奮した状態でイクようにしてください。そうしないと相手が反応することができませんので、大げさで全然構いませんので声を出してフィニッシュを迎えるようにしましょう。絶頂に迎える時には共に同期を取ってイクのが一番望ましいのですが、タイミングがずれてしまったのであれば、相手が絶頂に達するまで付き合ってあげるようにしてください。

■後戯は余韻に浸る時間として利用する

テレフォンセックスはフィニッシュを迎えたら終了というわけではないです。フィニッシュを迎えてすぐに電話を切るという人はマナー違反です。やり切ったら相手にねぎらいの言葉をかけると共に余韻に浸ることによってこのセックスについて振り返る時間を設けたらいいです。振り返りの時間を設けることによって今日も大きな幸福感が得られて満足できたなあという風に実感できるわけです。

■きちんと段階を踏んでやっていく

テレフォンセックスには以上の5段階があります。皆さんは挿入からフィニッシュに迎えるまでが重要だと思っているかもしれませんが、一番重要なのは前戯です。前戯でしっかりと雰囲気づくりができたらより気持ちよくなれることでしょう。

最新記事